想定アクセス数での負荷テスト実施と改善をご提案

ゲームのリリース時は、たくさんのアクセスが来るため、環境がどこまで耐えきれるかなかなか読めません。

そこで、ある程度本番環境が整ったら、想定するアクセス数で負荷テストを行い、本当に環境が耐えきれるかテストを行います。

 

ツールを使った負荷テスト

これまで私たちは、リリース前には必ずツールを使った負荷テストを行ってきました。

これにより、単純にサーバリソースの負荷の状況だけではなく、
ゲームプログラムのアルゴリズム上のボトルネック、DBへのクエリの書き方によるボトルネックなど、
様々なボトルネック箇所の特定と改善を行ってきました。

これにより、リリース直後のアクセスに耐えられる環境を、サーバのリソース側、プログラミング側、両面から構築することが可能です。